田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

深いアニメ4選。人生を考え直させるような素晴らしいアニメを劇戦

これまでアニメを見続けて10年以上、100タイトル以上を見てきた私が、人生を考え直させるアニメを紹介します。

新世界より

www.instagram.com



2012年からアニメ化されたこの作品。人間が念動力『呪力』を身につけてから1000年後の物語です。一番私がびっくりしたところが、その1000年の設定を中途半端にせず、本当に人間が呪力を身につけたらリアルにどんなことが起こるのかを詳細に物語っていると言うところです。その辺のワンパンマン僕のヒーローアカデミアみたいな能力同士で闘うような単純なアニメではないと言うこと。



1000年後の呪力を持っている人間は、『化けネズミ』を奴隷?家来?を巧みに扱い、平和に暮らしているのだが、、、その化けネズミがこのストーリーの肝になってきます。

人間は呪力を使って人間を殺すと自分んが死んでしまう暗示をかけられていて人間を殺すことができない。1000年の間に呪力を持つものもたないものがいて、でもその呪力を持たない人間の扱いに苦慮したことから呪力を持たない人間にある細工をしてしまいます。

それが最終話で明るみになり、私は背筋が凍りました。マジで衝撃の展開です。

ちなみに最近アニメにハマった友人にこのアニメを紹介したところ、すごく気に入ってもらえました。

約束のネバーランド

www.instagram.com




普通に見てても面白いと思いますが、何より第1話が衝撃的すぎて一晩で全話見てしまったくらい面白いです。

管理された世界、決められた未来。見ているととても残酷なこのストーリーですが、視点を変えてみれば私たちの日常にもよくある世界です。家畜を考えてみてください。牛や豚や鶏もノーマンたちと何ら代わりない。唯一変わっていることがあるとすれば理性があるのかないのか。ノーマンたちは理性がある分争うことができるが、家畜はただ出荷されるのを待つのみ。

この物語を残酷だと位置付けるのはどうも違うなと思った。命についても考えされられるストーリーだった。

一つだけ歩に落ちないのが、その後レイたちがどうなったのかが気になる。

寄生獣

www.instagram.com



実写映画化もされた超人気作品です。食物連鎖のピラミッドの頂点に君臨する『人間』であったが、ある日からそのピラミッドが崩れ落ちる。寄生虫が人間の脳に寄生して人間を喰らうアニメ。


主人公は寄生虫が腕から入って脳に移動する際に腕を縛って寄生虫を脳に行かせないことでその寄生虫が腕に寄生してしまう。


何よりも寄生獣で一番鳥肌が立ったシーンがある。

『もうしばらくしたら人間全体が気づくはずだ。
人間の数をすぐにでも減らさねばならんということに。
殺人よりもゴミの垂れ流しの方がはるかに重罪だということに。
そして、我々という存在の重要さに気づき
保護さえするようになるはずだ。』

『最後に開き直るのなら、初めから飾らねば良い。
環境保護も、全ては人間を目安とした歪な物ばかりだ。
なぜそれを認めようとはせん!
人間1種の繁栄よりも生物全体を考える、そうしてこそ万物の霊長だ。
正義のためとほざく貴様ら人間、これ以上の正義がどこにあるか。
人間に寄生し、生物全体のバランスを保つ役割を担う我々から比べれば
人間どもこそ地球を蝕む寄生虫!』


どうですか、とても深い名言だと思う。これは寄生獣だと思われていた広川市長(本当は人間だった)の言葉。

一見ただの戦闘アニメだが、とても深い内容で考えさせられるアニメだ。



あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない

www.instagram.com


私がアニメを好きになるきっかけとなった重要な作品です。かつて初めてアキラを見て衝撃を受けた米国人みたいな衝撃を受けました。


ヒロインの『めんま』は小学生の時に亡くなってしまうのですが、ある日突然いつも遊んでいた仲間の一人『じんたん』の目の前に死んだはずのめんまが姿を表します。しかもめんまはじんたんにしかみえないのです。

このストーリー展開にすごく引きこまれてしまって全て見ましたが、今まで見てきた作品の中でダントツで面白いアニメです。