田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

大学生ぼっちでも大丈夫。4年間ぼっちだった私がぼっちでも楽しい大学生活を送れる方法を伝授します。

ぼっち大学生の諸君、エンジョイしているか?
俺は大学生活でほとんど4年間ぼっちだった私が楽しく大学生活を送る方法を伝授してやる!


大学とは勉強するところだ!だから友達なんかいなくてもいい!
こんな風に考えられる人は最高だが、ほとんどの人間は大学に入ったら高校ではできなかったようなことがしたくなるもの。

例えば、一人暮らしのアパートに男女を呼んで飲み明かしたり、サークルの新歓に行って騒ぎたい。彼女と同棲をしたい。仲のいいグループで旅行に行きたい。などなど。


確かにそれも大切、一生の中で唯一自由な時間があるのは大学生のときだから。9割の人間がどこかの企業に就職するのだから、大学生活での自由はまさに一生の自由といっても過言ではない。


だけどそれだけが大学生活ではないと私は断言する。キャンパスに一人でいたっていいじゃないか。アパートで一人で朝までゲームやったっていいじゃないか。


私も大学生活で友達と言える人はほんの数人。しかもその友人たちとはほとんどがプライペートで遊ぶことはなく、大学の授業で少し会話する程度。


だけど私の大学生活は本当にたのしかった言える。それを以下で紹介する。





気を使わなくてすむ


これが大学生ぼっちの最大のメリット。友達がいると、授業の席を取ったり、昼ごはんの食べる時間や場所を合わせたり、入りたくもない同じサークルに入ったり・・・正直大学に入る前から聞いていた噂だったのでこんなめんどくさいことをしなくてもいいなら本当にぼっちでよかったと心から思える。



そして、何よりもプライベートでの干渉が一切ないのである。授業終わりの飲み会とか、合コンの出席とか、無駄に家に来られたりだとか、学校以外での干渉は絶対にたえられないと思っていたので、私の大学生活でこのアドバンテージは相当でかかったと今でも思っている。



じゃあお前の大学生活での楽しみってなんだったんだよ?
って思う人もいるかと思うので、特別に教えてあげよう・・・



女遊びとバイトだ


友達がいてみろ、好きな人が被った時に私の性格上絶対譲ってしまうではないか。それだけは避けなくてはいけないし何よりも大学生の性欲は絶大なのである。私は大学のキャンパスやバイト先で可愛い子がいたら躊躇なく声をかけて連絡先を交換していました。

だって大学で男を相手にしているよりも可愛い女の子とおしゃべりしている方が、人生が100倍楽しいことを知っているから。


これがぼっちの最大のメリットである。
女の子ともお話できて、バイトでお金も稼げる。ほら、大学で友達を作って遊んでいる暇なんて僕にはないでしょう?


もし友達がいなくて悩んでいるひとがこのブログを見ているのだとしたら、迷わず考え方を改めた方がいい。


友達ができても得することはごくわずかだ。たまに授業にいけない時にこっそり出席を取っておいてくれるとか。可愛い女の子を紹介してくれるだとかそれくらい。


お昼休みに好きな飲食店へ足を運べる





学食で毎日たくさんの友達とお昼を食べているのを目撃すると気の毒だなーと思うことがある。多分のこの集団の中に何人かは


『また学食かよ』


と思っている人がいるに違いない。そう学食は確かに安いが味はというとそこまで美味しくはないことが多いし、毎日食べていると本当に飽きる。


私は何が言いたいかというと、集団でお昼を食べていると気を使ってしまい、好きなところで好きなご飯が食べられないということが考えられる。


しかし、一人だったら自分の気分で何もかも決められる。キャンパス外のご飯屋さんで食べるランチは別格だった。誰にも気を使わず、好きなものを食べられる。もしこの状況で友達がいたら、合わせてしまう自分がいるので楽しさが半分になってしまう。


学食で食べようと思ったとしても、席が一つでも空いていればそこに座ることができる。

周りの冷たい視線なんか知ったこっちゃない。集団は誰か特定の人の行動を面白がる傾向があるが、そんなことを気にしていたらぼっち大学生活はたのしめないぞ。



好きなところで好きな時にバイトができる

友達でもいてみろ、一緒に同じところでバイトしようなんて言われてみろ・・


『う・・・うん』



としか答えられないだろ?
てかそこで断る勇気がある人は大学生活でぼっちにはなっていないはずだ。


特にバイトは若い女性がいるところを狙ってバイトをした。若い女の子があるまるあるバイト先は主に飲食店だ。特に大手飲食店のキッチンは以外に若い女性なんかもいる。


こんなバイトもおすすめ
www.nikkoeigyo.work


まとめ

いかがでしたでしょうか
大学生はぼっちでも絶対大丈夫です。むしろ一人の方が楽しく過ごせるのは明白。
ぼっち生活楽しんでください