田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

【ハワイ旅行】3泊5日でも大丈夫。短い滞在時間を極限まで伸ばす方法を紹介します。

時空を超えるんですか?
いや違う。物理的に無理な方法は紹介しない。

本当はせっかくハワイ に行くんだから長期滞在をしたい。しかしながら仕事の都合上そんなことは絶対無理。5日間も有給を取ろうものなら上司やお局からぐちぐち言われるのは明白。


社会人は辛い・・・少ない滞在日数でも長い時間バケーションを楽しみたい。様々な航空会社の便を探していたら、あることに気がついた。

少しの時間にはなるが、同じ3泊5日でも長く滞在できる方法を紹介。

f:id:go-okada:20190923220724j:plain


行きは成田発、帰りは羽田着にする。

答えは簡単です。成田行きは比較的に午前中の便が多いため、最終日はほとんどと言っていいほど観光している時間はない。だが羽田フライトの便は午後の便が多い。最終日の朝は遊び疲れで早起きするのはキツイ。

だけど午後の便なら朝、余裕を持って準備してふらっとホノルルでも散歩してご飯食べて過ごすことができる。なんなら最終日に観光を入れたっていい。


イノウエ国際空港(ホノルル空港)の待ち時間が少ない

午後便でゆっくり過ごせるのもメリットだが、最大のメリットは空港での待ち時間が少ないことが挙げられる。成田行きの空港は大行列。3年前に行った時は空港で1時間以上並んだので、最終日で疲れている上にマジで疲れた。


羽田の場合、空港でも成田行きほどの混雑は見られないので比較的にスムーズに手続きを終えることができるのが特徴だ。例えば同じ日本とはいえど出発と帰国で場所が違うのは不具合が生じるからだ。


例えば私の場合、関東の山奥に住んでいるため、成田空港までは車で移動する必要がある。もちろん車は成田空港に泊めて行くので帰りも必然的に成田空港にしないと車を置いてきぼりにする羽目になってしまう。

そんな時に必要なのが、サンパーキング。行きと帰りで空港が違う場合でも、羽田⇆成田の回送サービスを行なっているので、安心して成田に停めて羽田で拾うことができる最高のサービスだ。

余談ですが

ちなみに旅行代理店はファーストワイズで一番安いプランを検討していましたが、楽天トラベルの一番安いプランの方がお得なことが判明しました。

前回のハワイ旅行もファーストワイズを使っていて、担当の方の対応もいいのでぜひとは思っていたが、楽天トラベルの金額に負けました。


ファーストワイズは安いプランになると航空会社が選べないのがネック。あまりそうゆう風には見ないようにしているが、やはりこのご時世に大韓航空はちょっと避けたい。


楽天トラベルなら、航空会社の指定が可能。ちなみにハワイアン航空が一番安くフライトできることが判明したので即決。


ファーストワイズと楽天トラベルのメリットデメリットは以下の通り。



楽天トラベルメリット

航空会社の選択が可能
たまに激安プランが登場する
金額が安い

楽天トラベルのデメリット

とにかくオペレーターとの連絡がつかない

hpで調べると、メールでの問い合わせを推奨される。メールで問い合わせてもうんともすんとも返事がなかった。1週間以上・・・

これは大問題だと思う。返事がこないと先に進めないことがあるのに、対応力はどの代理店と比べても悪い。悪すぎる。


特にひどかったのはパスポートのスペルを間違えて報告をした時があったが、メールでの返事すらなかった。

ファーストワイズメリット

オペレーターの対応がすごくいい


最初の空き状況等はメールで問い合わせすると1、2時間で返事が必ず来る。わざわざ電話するような内容じゃなくても聞いてみたいと思い問い合わせてみるとすぐに返事が来るので急いでいるときはすごく嬉しい。

基本的にはプランに航空⇄ホテルの送迎が付いている

頼まなくても送迎だとか、レンタカーとかのプランが付いていることが多い。

ファーストワイズデメリット

とにかく安いプランだと航空会社が選べない


いずれにしても、ハワイに少しでも長くいたいときは行きと帰りで空港を変えると、長い時間滞在することが可能になる。