田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

睡魔をぶっ飛ばす究極の方法。この対策が通用しなければ諦めて寝ろ

どうしてもやりたいことがあるんだけどどうしても睡魔に勝てなくて結局寝てしまう人は多いのではないか。


簡単ではあるが、今日は確実に睡魔を跳ね除け、作業に集中できる方法を紹介する。ちなみに2つの方法を用意した。


究極の眠気覚し:体毛を抜く


体のつぼを押す・・・変わんねえわ

ストレッチをする・・・変わんねえわ

違う作業にする・・・変わんねえわ


私も全て経験済であり、どれも私の体には合わなかった。しかしこの間ついに見つけた。これをすれば眠い症状も一時的に収めることができる。


毛を抜く



これに尽きる。しかも痛いところの毛を抜く。私の場合は鼻の下のヒゲと、眉毛、そして乳首に生えている毛。


これをやると死ぬほど痛くてたまらなくて一瞬で目が覚める。30分は集中力が向上するので、毛を抜いて作業して、また眠くなってきたら毛を抜くことで、高い集中力を維持できる。


ヒゲは最近抜きすぎて、あまり痛みを感じなくなってきているので、眉毛とか鼻毛を中心に自分をいじめている。

まじで眠く無くなるので、ブログとか動画編集も夜中まで継続できるようになった。この対処に出会う前は本業の疲れで、ほとんど副業をできずに寝落ちしていたが、毛抜きは疲れ切った体を震い立たせてくれる。



究極の眠気覚し:辛いものを食べる


これも毛抜きに次いで確実に眠気が覚める。私は柿の種をメインに属している。ある程度硬いこともあり、顎に刺激がいくことで目が覚めている部分もある。

辛いと汗が出るので眠気が軽減するのかもしれない。

毛抜き道具を紹介

先っちょがとんがっているピンセットはヒゲを抜くことが容易。



睡魔との戦いは、人間の永遠のテーマだと思う。これからもどのようにしたら、睡魔がなくなるのかを振り返って行ければと考えています。