田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

【新築】シューズクロークは使える。新築検討中の人はぜひ採用してみてね!

間取りって凄く重要ですよね。
『家』は一生に1度の買い物なので絶対に失敗したくない。


パントリー


キッチンの位置や向き


シューズクローク


洗面所の広さ


考えたらきりがありません。しかも一度建てたらもう後戻りできない。だから慎重になりがちですが、実際に家を建てて、シューズクロークは使えると思ったので紹介したいと思います。

シューズクロークとは?


字で説明するよりも、写真で見ていただいた方がいいでしょう。



f:id:go-okada:20190908220111j:plain


ちょっと汚いですが、我が家のシューズクロークです。簡単に説明すると『靴の部屋』
とでも説明すればわかりやすいかな?玄関の土間が靴の部屋までつながっているんですよ。



一般的には玄関には下駄箱をイメージするかと思いますが、最近ではシューズクロークが流行っています。


わが家のシューズクロークはとても狭いですが、3畳くらい使って、自転車やキャンプ道具など、物置変わりで採用する人がすごく多いです。


シューズクロークは靴だけの収納スペースではない

我が家のシューズクロークは910×910程度しかありませんが、靴以外の収納スペースとしても活用されています。


・バッグ置き場


・灯油置き場


上着置き場


・三輪車置き場


・ハンカチや腕時計置き場


・帽子置き場

f:id:go-okada:20190908220911j:plain


f:id:go-okada:20190908220940j:plain


f:id:go-okada:20190908221013j:plain


などなど、こんな狭い空間で、様々なものを収納することができます。まさに神の領域

シューズクロークはとても見た目がおしゃれ

f:id:go-okada:20190908220820j:plain


シューズクロークの入り口をアーチにしてあげると、とても可愛らしく仕上がります。最近では三角形状の入り口も流行っているみたいですので自分好みに採用してみてください。


シューズクロークを採用する上でのデメリットを紹介

場所をとるということ。

下駄箱を採用していれば、もう少し玄関の空間を広くとることができていた。シューズクロークを採用することで、玄関がすごく狭く感じます。(家自体が狭いので尚更です)

使い古した臭い靴を置いておくと、ほのかに玄関が臭う

長年履いているお気に入りの靴を置いておくと、たまに臭うことがあります。玄関が少し臭くなるので、お客さんが来るとき前に、臭くなった靴を捨てるなどの強硬手段を取らざる得ません。


シューズクロークはせっかくだからドアをつけるべきだった。


臭いや、見栄えが散らかっていると、玄関にはいった瞬間のイメージが良くないので、折戸をつけるなどして対策をすればよかった。




まとめ

家のデザイン性などでシューズクロークの採用有無は分かれますが、最大のメリットは玄関の土間とつながっている所でしょうか。とても使いやすい収納スペースだと感じました。


でももう少し広さがあれば、もっと何かを置けるなと思った。特に自転車やは外に置いておくと、盗難の可能性もあるので家の中にしまえるくらいの広さが欲しいと感じました。