田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

[オカルト記事注意]嫁が妊娠した方法をご紹介します。

なかなか妊娠出来ない人について
少しでもアドバイスになればいいなと思ってここの記事を書きますが、オカルト的な内容が含まれていますので、そうゆうのを信じていない人は見ないでください。


目次

タイミング法


嫁の基礎体温を測定して排卵のタイミングを計って仲良しする方法です。基礎体温を3ヶ月くらい測ると、そもそも基礎体温に変化がないことがわかった。


  
ネットで検索すると、ストレスや食生活が原因のよう。


食生活の改善が始まる

嫁は当時ご飯の主食はチョコレートだった。朝起きてお菓子を食べて、夜はブロッコリーだけを食べる妙な食生活をしていた。




1日3食バランスのよりご飯を心がけるように促したが、食生活をいきなり変えるのは至難の技・・・改善するのに1年近くかかりました。





デートの度に美味しいご飯屋さんに連れてって、食べさせるのではなく私がすごく美味しそうに食べているところを見てもらいました。半年くらい経った頃から



『美味しそう』



というようになり、私がとても美味しそうに食べているもんだから、つられて少しずつ食べるようになりました。



なかなか食べれらるようにはならなかったけど、妊娠をしたい一心で食生活は少しずつでも改善していきました。


基礎体温に変化が現れた。


ご飯が食べられるようになると、基礎体温に変化が現れた。



基礎体温がガクっと下がったと思いきや、次の日には基礎体温を大きく上回る体温数値が5日くらい続いた。  





これが排卵を起こしている証拠だった。


 


基礎体温が変わらない原因は食生活だったことがわかった。



それでも排卵しないときもあった。

排卵していないときは決まってストレスだった。家族と何かあったときや、私と喧嘩したときは決まって排卵をおこさなかったり、体温が乱れたりした。


妊活を行う上で大切なのは精神を安定させることだってこともわかった。


気持ちも体も整えないと子供は授からないんだって確信した。


あまりにも妊娠しないので、精子に問題があるかもしれない

1年半くらい経った頃、原因は嫁ではなく、私の精子が死んでいるのではないかとの議論になった。


そこで婦人科に足を運ぶと、小さい瓶に精子を入れてきてくださいとのこと。


家で採取し、1時間以内に体をに密着させて持ってきてくださいと言われたので運転中はお股の間で温め、

病院の待合室は胸のまんなかで温め・・・


めちゃくちゃ恥ずかしいやないかいww


結果は問題ないとのことだった。


最後は神頼みしかなかった。

妊活を初めてから2年が経つくらいの時に二荒山神社の瀧尾神社にお参りに行ってきた。



ここは妊娠をすると有名で、多くのほとが足を運ぶスポットです。




帰りに子宝お守りを購入して帰りました。


子供がいる夢を見た

瀧尾神社にお参りに行って数日が経ったころ、ある夢を見ました。
それは子供が2人いる夢です。



内容はあまりいい夢ではありませんでしたが、ちゃんと子供がいる夢でした。
離婚して子供がママーって泣いてる夢でした。



その夢を見て2日後に嫁から



『生理がこない』



妊娠検査薬を使って調べると妊娠に線が入っている。



ずっと妊娠できなかったので確信が持てなかった二人は急いで病院に



すると妊娠していました


まとめ

神頼みがよかったのか、それとも終盤もうあきらめかけていた、思い込みすぎなかったことが原因だったのかはわかりません。



瀧尾神社には妊娠がわかってから、お礼に再度訪れました。


瀧尾神社の話はあくまでもオカルト的な話になってしまうので信じるか信じないかは穴が次第です。