田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

堀江さんの提唱する10年後の日本は案外そうならないかも知れない。

堀江さんは10年後の日本は今のような雇用は無くなっていると語っている。

なくなる仕事

無人自動車の普及やカーシェアリングuberの普及などによる、タクシー業界がなくなる。

・簡単な作業の自動化
コンビニのレジ打ちやウエイター、予約の受付業務はAIに打って変わるという。

10年も経たないうちに今のホワイトカラーの中堅の方の仕事などはなくなるのだとか。


そもそもそういう人たちは本来やらなくてもいい仕事をしている。


日本の偏った残業=偉いみたいな古い風習が無断な仕事を産んだのだと。


果たして本当にそんな未来は10年もしないうちに訪れてしまうのだろうか。

確かにわたしのような営業マンもすでに、イプロス製造業のようなマッチングサイトがあり、そこからの引き合いも少なくない。

つまり営業がいなくても新規取引は行われる。うちの会社も前期だけで3〜4社新規顧客はイプロス製造業だ、


ものづくり業界の新規参入は難しく、1年新規営業活動をしても1件ももらえない場合も今まではざらでした。

相当前から仕事はロボットに奪われる系の話はあった。

役10年前、私が就活中の頃も工場なんかは自動化が進み、仕事はエンジニアと事務所の人間だけが生き残ると騒がれていた。

実際はどうだろうか。
未だに単発工程の減らないプレス業界。人海戦術で対応する企業、まだまだそんなのが当たり前の日本です。自動化が進んでいるのはアスクルみたいな大企業です。物の受注から商品の出荷まで、ほとんど自動です。

しかし、地方の町工場を見てください。
自動化する技術は世の中に備わっていますが、その設備を買う資金力はありません。

資金を持っている中小企業も、設備投資が人件費よりも安いとわかっていても、人件費を選ぶ背景があります。


それはなぜか。


人の方が使いやすいからです。
機会は中途半端な設備投資では全自動化は無理です。設備投資には何億もの資金が必要となり、その技術者も育てなくてはいけません。



また設備を買ったところで、中小企業はその仕事が一生続くとは限りません。ほかに安いところが手を挙げたとなれば、一瞬にしてその設備はゴミと化します。



リース契約の場合はもっと最悪です。
契約年数は使わなくても借りてないといけないですし、契約年数以前で契約を解約しようものなら、新品購入時よりも高い解約料の請求がきます。


仕事はロボット、AIに奪われる、10年もしない未来に訪れると騒いではいますが、その設備投資できるほどの資金力が今の中小企業にあるのでしょうか。


ずーと前から仕事はロボットに奪われるなんて言ってても未だに人の仕事が溢れているのはそうゆうことなのだと確信します。


堀江さんの言っていることも本当に起きるとは思いますが、資金力の豊富な一部の大企業の話であって、地方の片田舎の企業はそこまでの自動化は不可能と考えます。


今までの産業は農業→工業→サービスときているのは確かであり、コンビニも焼肉屋も人がいなくなるのは確かだとおもいますが、全ての会社には当てはまらない話だと思います。