田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

年間100人がドアに指を挟んで切断している事実を知っていますか?

年間100人もの人がドアに指を挟んで切断している事実を知らない人は結構多い


最初は私もドアに指を切断なんてッて思ってました。
どこの管理体制の悪い金属加工業者だよって感じです。

しかし思い返してみると、
この前私の実家で甥っ子がパパを追いかけて外国製のめちゃくちゃ重い玄関ドアに指をはさんで救急搬送されました。


その時は家族みんな顔面蒼白でパパ(私の兄)が一番焦ってました。
消防士のパパでもうっかりってことがあります。

人間だれしも完璧な人なんかいません。
消防士だって、学校の先生だって、与沢翼さんだって失敗します。

本当は人間がうっかりしてしまってもいいようにドアの設計を抜本的に見直すとか対策を取らないと一生なくなりませんよね。

自動ドアだって子供の身長の低さに反応せずに扉がしまってしまい首を挟めて死亡してしまう
事件がここ数年前にありましたね・・・

自動にしたってそういったことが起こってしまうんです。

てことは誤って挟んでしまうところに指が入らないようにすればいいわけですね。



小さい子供はなぜかヒンジ側で遊ぶんです。
それはなぜだかわかりませんが、
この商品はそんなヒンジ側につけるやつです。



両親が気を付けていても、
遊びに来た友達や、祖父母や来客の人に


「子供がいるのでドアの開閉気を付けてくださいね」



なんていいにくいですよね?
はさマンモスであればわざわざ注意喚起しなくてもいいですよね?
両方が嫌な思いをしなくても済むってやつです。

最愛の子供の指を守るためにも家のドアに一式欲しいところですよね。