田舎営業マンの雑記ブログ

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

わたしが小学校5年生の時ご飯が食べられなくなった話

最近不登校の子がYouTuberになって
世間を騒がせていますね。

昔ではできなかった選択肢ですし、
いじめなどの理由があるのであれば、
それは致し方ないのではないかとわたしは思います。

わたしはいじめたこともいじめられたこともありません。
高校3年になった頃から友達付き合いすらだるいと感じ始めましたくらいですかね。

さて本題ですが、
わたしの小学校5年生時、担任だった先生の教育方針ですが
「給食は残さず全部食べなさい」
でした。

のざえるほど嫌いな食べ物でも給食の時間が終わってお昼休みになっても、
5時間目になってもその先生は完食を要求してきました。

食べられないなら最初からおぼんに乗せるなと言われましてね
極力食べたくないものはとらないようにしていました。
そのおかげで体重は全く増えない始末。

毎朝起きていつも給食のことばかり考えていました。
母親に大嫌いなキノコをアレルギーだと連絡帳に書かせたこともあります。


そんなこんなで6年生になった時にある違和感を覚えます。

大好きな肉類ですら口に入れた瞬間戻しそうになる始末。


これはなんだ?
と衝撃的すぎて家に帰って母親に言っても
「いつも何も食べないじゃない」

あまり親身になってくれなかったのを覚えています。

学校という先生が絶対的存在の環境下で
先生の偏った教育方針でわたしは不登校なる寸前でしたよ。

たしかに食べ物は粗末にしてはいけない。
でも先生だけの物差しだけで生徒を教育するのは間違っていると思います。

まず豚や牛が殺されて私たちの命の糧になってくれていることを学ばせる。
それだけでいいのではないでしょうか。

なんか思い出したので記事にしてみましたけど
別に何が言いたいってわけじゃないです。

ただ、ひろぼん君みたいに
どんな事情で不登校になったかは憶測でしか語られてないからわからないけど、
不登校になってしまった児童対するフォローの環境って足りなすぎると思う。

わたしも1歳2ヶ月の子供がいますが、
将来不登校にならないか既に心配です。
学校といったチッセー世界が、子供頃は世界だと思い込んでしまう。
親としてそーじゃないよ?世の中はこんなに広いんだよって
気づかせてあげることができれば、子供の未来も変わるんじゃないかな?