田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

子供に見せるべき映画1選

私の嫁はディズニーがだいすきでなんですが、
車の移動中子供が観れるDVDを何か買おうよみたいな話になり

ハンプティ〜ダンプティで
ディズニーのDVDが1枚500円
3枚で1000円と結構破格の値段で販売されていました。

その時点で
ディズニーのアニメなんかってディズニーあまり関心なしの
私は思っていましたよ全く。

帰りの車の中で
早速そのDVDをつけてみてみました。
それがいま実写でもやっている映画です。


いやー子供の教育のためによくできているなって感じですね。
最後まで見る迄に目的地へ着いてしまったので
最後まで見てはいないですが
ダンボってこんなストーリーだったのとちょっと拍子抜けです。

まずあんなに可愛らしいダンボが、
耳が大きすぎるからっていじめられます。
しかも同じ像、そしてサーカスを観に来る人間に、
それに腹を立てた親が反抗して
親は小さい監獄みたいなところへ入れられてしまいます。

ダンボは心を閉ざしてしまいます。

なんで僕はこんなに耳が大きいんだろうって
同じ像なのに僕だけ違うんだろうって

ここまでしか見れなかったのですが
多分最後はその耳を逆に個性として
羽ばたくのかなと予想はできるのですが、

子供の教育というか、
なんというか。


もし自分の子供が人と違うところがあったとしても、
それはいけないことじゃないって教えてあげられるし、
そういう子じゃなくても、決して
みんなと同じことが普通だってことではないってことを
気づかせてくれる大切で、大人でも
少し考えさせてもらえるような
そんなアニメだなーっと思いました。


このアニメを見るまでは
海外のアニメって
トムとジェリーとか
オギーアンドコックローチとか
パワーパフガールズ
みたいな中身のないアニメなのかなって
深夜アニメばかり見ているわたしからの目線が
180度覆りましたとさ。

子供と一緒に
特に小学校低学年の子とかにちょうどいいのかなって思いました。

また書きます