田舎営業マンの雑記ブログ

Your SEO optimized title page contents

田舎営業マンのブログ

脱社畜してやる

子供に見せるべき映画3選 おまけもあるよ

子供を育てる中で、子供と一緒に映画をみる事は結構あると思います。
そんな中で、とても深い映画に出会ったので紹介したいと思います。


ダンボ



子供の教育を考えた素晴らしい作品だと感じました。たまたま蔦屋のまとめ買いで買ってきてみてびっくりです。



『え?ダンボって大きい耳で空飛ぶアニメでしょ?』


みなさんそう思ってはいませんか?


それは大きな間違いです。
実はあの可愛らしいダンボはサーカス団に所属している像なんだけど他の像よりも耳が大きいことを理由にいじめを受けてしまうのです。


唯一の便りはお母さんなんですが、いじめられてるダンボを助けるために反抗して、逆に監獄へ入れられ、虐待を受けてしまいます。


自分はいじめられ
ママは監獄へ入れられひとりぼっちになってしまう


それからダンボは心を閉ざしてしまうのですが・・・



これ以上ネタバレになってしまうので説明は控えますが、少しストーリーを聞いただけでもあれ?想像と違うイメージでしょう?


この後、子供の教育に役立つストーリーがたくさん出てきます。


考えさせられるストーリー

自分の子供が人と違うところがあったとしても、それはいけないことじゃないって教えてあげられる。みんなと同じことが普通だってことではないってことを
気づかせてくれるすごく意味のある映画だと強く感じました。


まだ映画版を見てないけど早急に見よう。




その他おすすめの知育的映画 モアナ


『ここに居れば安全だよ』
『今でも十分幸せだよ』

それはわかってる、でも心が歌っている。違う世界を見てみたい。


それが私の人生なんだって気がつかせてくれる勇気の出るストーリーです。

リメンバーミー


幼稚園生くらいの子供には少し早いストーリーかもしれませんが、この作品は『死』について書いているストーリーです。


『死って何?』


『天国ってどこ?』


そんな感性が芽生えてきたお子様にはちょうどいいかもしれません。

内容的には本当に泣けます。家族を大事にしようって思います。


まとめ


如何でしたか?
おすすめはまだまだありますが、子供は映画をみるよりも外で運動した方がいいですよ!w



映画は運動の箸休めだと思ってみてください。
しかし映画には様々な発見やきっかけをくれる大切なものです。


ちなみに関係ありませんが、私の人生を変えた映画はこれです。



生きたいけど生きられない人もいるってことを感じさせてくれる。感動ストーリーです。

あの日見た花のなまえを僕たちはまだ知らない

すごく長いタイトルですが、
中身はすごく深くて面白いです。


子供の映画とは関係ありませんが、よかったら見てください。